元浅草のケーキ屋さん「コンフェクトコンセプト」 遠藤シェフの作る美しいスイーツを食べてみた

元浅草のケーキ屋さん「コンフェクトコンセプト」 遠藤シェフの作る美しいスイーツを食べてみた

稲荷町駅から徒歩3分。元浅草エリアに2021年に新しくできたケーキ屋さん「コンフェクトコンセプト」

何度も目の前を通っていたのですが、ようやく行ってきました。業界で賞賛される遠藤シェフの作るおすすめケーキ(スイーツ)を紹介していきます。

元浅草「コンフェクトコンセプト」が21年4月にオープン

営業時間 10:00〜19:00(なくなり次第閉店)
住所 東京都台東区元浅草2-1-16 シエルスト 1F
電話番号 03-5811-1621

上野と浅草。両観光地のちょうど間に位置する元浅草エリアは、チェーン店や定食屋さんなどはあれど、おいしいスイーツを食べられるお店がとにかく少ない。

前回記事に書いた「まるずケーキ」と同じ通り沿いに、21年4月に待望の新しいケーキ屋さん「コンフェクトコンセプト」がオープン。

通り沿いからガラス越しに見える、色鮮やかなケーキの数々。

このエリアにはないおしゃれさです。私は近くのエリアに住んでいて、部屋着で出歩くケースが多くてなかなか入れずにいたのですが、ようやく足を運ぶことができました(笑)

服装は別に気にしなくても大丈夫です!

元タント・マリーの遠藤シェフが作る美しいケーキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

CONFECT-CONCEPT(@confectconcept)がシェアした投稿


元々銀座松屋に入っていた、パティスリー「タン・マトリー」の元シェフである遠藤淳史さん。

コンクール入賞経験もあり、プロのパティシエからも賞賛される有名な方らしいです。スイーツマニアの間でも、コンフェクトコンセプトのオープンは噂になったようです。

私は平日お昼前の訪問でしたが、遠藤シェフ自らが表に出て接客をされていました。先客は1組のみ。3組の入場制限があり、並んでいるときもあったようで、訪問時間は注意が必要です。

ケーキの種類が多いので、選ぶのにかなり迷います…あらかじめ、「今日はこんな気分かな〜」目星をつけていくのがおすすめ。

ここからは、私が食べたケーキを順番に紹介していきます

いちごとピスタチオのシャルロット

コンフェクトコンセプト 遠藤シェフのいちごとピスタチオのシャルロット

表面はなめらかで淡いピスタチオのクリーム。中にいちごのペーストと、濃厚なピスタチオのクリームが入っています。

甘さは控え目で、ピスタチオの味がしっかりと感じられる中に、いちごのすっぱさがちょうどよくアクセントになっています。下のタルト生地はサクサク。

私自身はピスタチオが好きですが、これはピスタチオのスイーツをあまり食べたことがないような方にもおすすめです。

いちごのショートケーキよりも人気のメニューとのこと

チョコレートのショートケーキ

コンフェクトコンセプト 遠藤シェフのチョコレートケーキ

甘さをかなり抑えたチョコレートクリームと生地。シロップで漬けられたようなほろ苦なバナナがクリームの中に入っていて、それが味のアクセントになっています。

あと、一番下の層が、細かく砕かれたチョコフレークになっているのですが、こっちはしっかりした甘さがあり、全体的なバランスが取られています。

大人向けなチョコレートケーキといった感じです。

シュークリーム

遠藤シェフのおすすめケーキ シュークリーム

私がかなり気に入ったのがシュークリーム。今まで食べたことがあるどのシュークリームよりもおいしい!

中はホイップとカスタードの2つのクリーム。ホイップはなめらかで甘さ控え目。カスタードはかなり濃厚で甘みもしっかり。

シュー生地は厚みがあり、ナッツがまぶしているので食感もいい。クリームの中にもナッツが入っていて、細部にもかなりこだわりが感じられます。

なめらかプリン

コンフェクトコンセプト 遠藤シェフのプリン

プリンも濃厚でなめらかでおいしい。カラメルとのバランスもいいです。

ただ、他のケーキなどに比べると、どうしても普通に感じてしまう…プリンは他のものと差をつけづらいものかな〜とも感じました。

他にもパンや焼き菓子も売っています

最初の訪問では、定番のメニューを選んだのですが、種類がとても多く、他では見かけないようなものもちらほら。他のものも食べてみたいので、再訪して、また食べたものから感想を追加していきます!

遠くから来ている方も多いようで、観光がてら足を運んでみるのもおすすめ。保存の効く焼き菓子もあるので、お土産にも喜ばれそう。

近くにお住まいの方はもちろん、そうでない方も、ぜひ機会を見つけて訪問してみてください。